Books

【レビュー】エッセンシャル思考【グレッグ・マキューン】

 

こんにちは、ベアベアです!

 

メンタリストのDaigoさんが絶賛していた『エッセンシャル思考』を先日読了しました。

シンプルに考え、シンプルに生きるということをメインの題材にしている本でした。

 

私にとってはとても勉強になる本で、一気に読んでしまいました。

そこでこの『エッセンシャル思考』についてレビューや学んだことを列挙して行きたいと思います。

 

 

『エッセンシャル思考』を通じて学んだこと

 

 

エッセンシャル思考の基本

【考え方:より少なく、しかしより良く】

  • これをやろう大事なことは少ない
  • 何を捨てるべきか

【行動:やることを計画的に減らす】

  • 本当に重要なことを見定める
  • 大事なこと以外は断る
  • あらかじめ障害を取り除いておく

【結果:充実感】

  • 質の高い仕事ができる
  • コントロールしている
  • 正しいことをやっている
  • 毎日を楽しんでいる

→自分で優先順位を決めなければ、他人の言いなりになってしまう。

 規律なき拡大は失敗への道へと繋がる

 

クローゼット整理法

  • 評価する
  • 捨てる
  • 実行する

エッセンシャル思考の考え方を用いると

  • 選択
  • ノイズ
  • トレードオフ

になる。

 

→選ぶ能力は誰にも奪えない。

 ただ、本人が手放してしまうだけだ。

 

エッセンシャル思考の場合、これをやろうと自分で選び取る。

大多数のものごとが不要だと考え、決定的に重要なことだけをとる。

トレードオフから目をそむけても、トレードオフから逃れることはできない

何かにイエスということは、その他すべてにノーと言うことなのだ。

何を取り、何を捨てるか、何に全力を注ぐかを考える。

 

本当に重要なものごとを見極めるために必要なこと

  • じっくりと考える余裕
  • 情報を集める時間
  • 遊び心
  • 十分な睡眠
  • そして何を選ぶかという厳密な基準

 

1.  考えるための余裕をつくりだす。

 集中するためには集中せざるを得ない状況に自分を置くしかない。

 ノイズの中のシグナルを探す。語られないことに耳を傾ける。

 

2. 情報の本質をつかみとる日記をつける。

 現場を見て、普通を知り、逸脱を探し、問題を明確にする。

 

3. 遊びが不可欠だと知っているから遊びを重視する。

 遊びは本質を探究するのに役立つだけでなく、それ自体がどこまでも本質的である。

 

4. もう1時間眠れば、数時間分の生産性が手に入る

 優秀な人はよく眠る、なぜなら眠ると創造的になるからである。

 睡眠は仕事の効率を高めてくれる

 

5 .現代人の最優先課題は、優先順位付けの能力をキープすることだ。

 90点以下の選択肢や物は採用しないせず、上位10%にだけイエスと言う

 まさに自分の求めていたことだからやる。

 絶対にイエスだと言い切れないなら、それはすなわちノーである。

 

チャンスを正しく選別するには

  • チャンスについて記述する
  • 最低限の基準を3つ書き出す
  • 理想の基準を3つ書き出す

 

切り捨てるべきことはやろうとしている意図にそぐわない行動である。

そのためには自分がどんな目的にむかっているのかをとことん明確に定義する必要がある。

具体的かつ魅力的な戦略、意味があり心に残る本質目標立てる。

 

一つの決断によって、その後のあらゆる決断を不要にする。

きっぱりと上手にノーと言い、本当に重要なことしか引き受けない。

もしもまだ1円も払っていないとしたら、今からこの企画に投資するだろうか?

今これやめたら、何に時間とお金をつかえるだろう?と考える。

すすんで損切りをして、サンクコストバイアスの撤廃を意識する。

良くすることは、何かを削ること。

不要な細部は冷徹に切り捨てる。

 

編集の4原則

  • 削除する
  • 凝縮する
  • 修正する
  • 抑制する

 

境界線を引くことで本当の力が発揮できる。

境界線は自由を生む。

ノーと言わなくてもいいようにあらかじめルールを設定する。

努力や根性がいらないように、自動的にうまくいくしくみをつくる。

最悪の事態を想定し、準備と計画に全力を注ぐ。

見積もりは1.5倍で考え、シナリオプランニングでリスクを軽減する。

本当の障害(ボトルネック)を取り除く。

成果を生まない努力をやめる。

その結果、成果が増える。

 

仕事を減らすことによって、より多くを生み出す。

  • 目指すことを明確にする
  • ボトルネックを特定する
  • 邪悪な物を取り除く

 

  • 小さく始めて、大きな成果を得る。
  • 地味でも着実に勝ちに行く。
  • 正しい習慣を通じて自然に達成する。
  • 重要なことをやるのが普通の状態である。
  • 現在に集中する。
  • 目の前の課題を考える。
  • 今を楽しむ。

 

本質を生きる方法

  • 生活のあちこちに取り入れる方法
  • エッセンシャル思考を生きる
  • 「より少なく、より良く」

 

考え方が心の底まで染み込んだとき、それは自分を内側から変える力となる。

本当に重要なものは何か?

 

  • 方針:より少なく、より良く
  • 人材:人材の選別にこだわり抜き、邪悪な人材は排除する
  • 戦略:何かひとつだけしかできないとしたら、何をするかと考える
  • タスク分担:各メンバーは特性と目標にとって最良の配置を決める
  • コミュニケーション:耳を傾け、本質を見抜く
  • 部下育成:小さな進歩を重ねているかどうか、適切にチェックする
  • 成果:チームがひとつにまとまり、これと決めた方向で飛躍的な成果を上げる

 

 

まとめ

 

無駄なものを削ぎ落とし、シンプルに考えシンプルに行動しようというメッセージだと思います。

個人的にはかなりの良書だと感じたので、一度手に取って見ることを強くオススメします。

それでは!

 

 

 

-Books

Copyright© Bear Bear Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.