Portfolio

【FIRE】2020年の金融資産の振り返り〜2021年の投資方針

 

こんにちは、ベアベアです!

 

2020年もあけて、2021年が到来しました。

2021年も2ヶ月が過ぎ去ろうとしていて、改めて時の流れの速さを感じます。

 

今日は、金融資産に関して改めて2020年がどうだったのかの振り返り、

そして2021年の方針を記していこうと思います。

 

 

2020年の振り返り

 

まずは、2020年の振り返りからいきたいと思います。

 

FIREを知る

 

三菱サラリーマンさんの存在を認識してからFIRE(Financial Independence Retire Early)

という早期リタイアについて知りました。

FIREについて詳しく知りたい方はこちらの本を読んでみることをお勧めします。

 

 

 

 

私自身今まであまり大きな夢などはなかったのですが、

三菱サラリーマンさんの本を機に自分もFIREを目指してみたいと思うようになりました。

 

 

金融資産の変遷

 

そう思うようになってから、2020年8月以降毎月2人の金融資産をまとめるようになりました。

2020年の金融資産の月次推移をまとめたものが下のグラフになります。

 

 

 

 

2020年は大台の1,000万円に到達して無事1年を終えることができました。

 

1,000万円の到達に向けてただ闇雲に節約をしたわけではなく、

自分たちが値段以上の価値があると思ったものには投資をしました。

(もちろん無駄なものには投資をしないという前提はあります。)

 

乾燥機能付きドラム式洗濯機、高価なトースターや炊飯器、引っ越し等

多少値段がするものでも惜しみなく投資を続けました。

 

無理して節制してしまうと、かえってストレスになってしまいますしね。

 

また、自分たちの資産価値が上がる株式投資も行い、

コロナバブルも起因していると思いますが、含み益も二桁万円以上出ています。

 

 

2021年に向けての方針

 

2021年に向けての方針は主に3つあります。

 

収入の最大化

 

一番鍵を握るのは、収入の最大化になると思います。

本業、副業、配当金、ポイ活等拾えるところは取りこぼしなく拾っていきたいと思います。

 

支出の最適化

 

収入の最大化を行った後に、支出の最適化を図ります。

おおよその生活費は2人で月20万円を目標にします。(1月は達成しました)

年間予算240万円のイメージで動いていきたい思います。

この240万円に旅行費、他人へのプレゼント代等は含めずに、

あくまで毎月2人にかかる生活費のみでも運用になります。

 

無駄なものを購入しないかわりに値段以上の価値のあるもにはどんどん投資をしていきたいと考えています。

趣味の美味しいものへの投資も惜しみなくしていきたいと思います。

3月から4月にかけて携帯新料金プランもスタートするので、

そこでもしっかり支出の最適化をしていきたいです。

 

株式への投資

 

支出の最適化を図った後に、残った資金を株式に回します。

昨年までは高配当株中心のインカムゲイン投資をしていましたが、

今年からはキャピタルゲイン投資にシフトしていきたいと思います。

具体的には、インデックス投資を主軸に積立投資と一括投資の使い分けを考えています。

 

積立投資

 

主に下の5つを駆使しながら、積立投資をしていく方針です。

  • 楽天カード×積立NISA
  • エポスカード×投資信託
  • SBI証券×三井住友カード(2021年6月開始)
  • マネックス証券×マネックスカード(2021年春開始)
  • SBI証券の米国ETF積立

 

投資初心者の方にオススメなのは、「楽天カード×積立NISA」です。

年間40万円を上限に、投資額の1%の楽天ポイントが貯まり、

20年間投資で出た利益が非課税になります。

本来株式投資で得られた利益の約20%が税金として取られます。

 

 

一括投資等のその他の投資

 

積立投資以外での余剰資金で一括投資をしていきたいと思います。

  • 株主優待の権利確定日直前での投資
  • 自分が注目している銘柄が前週比-5%の株価になったら一括投資

 

など色々試していければと考えています。

 

2021年もFIREに向けて飛躍の年にしていければと思います。

それでは!

 

-Portfolio
-

Copyright© Bear Bear Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.