Lifestyle

【人生相談】物事の始め方が分からない状況を解決する3つの方法

 

こんにちは、ベアベアです!

今回は、何かを始めたいけど、何から始めたらいいか分からない...という状況を解決する3つの方法をご紹介します。

 

私は製品開発関連の仕事をしており、ユーザー視点、開発者視点、マーケティング視点など多方面から物事を考える必要があり、「何から始めたらいいんだ...」という状況に頻繁に陥ります

 

そんな時、すぐに次のアクションに移れるようにするために、実践してみてとても有効だと感じた方法をご紹介します。

今回の内容は、仕事だけでなくプライベートでも活用できる方法だと思います。皆さんのご参考になれば幸いです!

では早速紹介していきます。

 

方法①:思考を紙に書き出す

 

いま頭の中で、「何かを始めたいな〜」と漠然と思い浮かんでいるが、なかなか行動に移せない時は、ひとまず少しでもやりたいと思ったこと頭の中をよぎった事柄全て紙に書き出します

これは人に見せるためのものではなく自分の思考を整理するためのものなので、綺麗に書こうと思わなくて全く問題ありません

 

よく「頭の中では分かっているんだけど〜」と言う状況がありますが、それは分かった気になっているだけです。(笑)頭の中だけでは抽象度が高く、具体的なアイデアや解決策が見えてきません。

紙に書くということは、抽象的なことを言語化し可視化することができ、可視化することで具体化されその先の解決策や取るべきアクションが見えてきやすくなります

"分かった気になっている" ことが一番恐く、避けるべき状況です。

 

また、出先の電車の中など紙とペンを持っていない時は、スマホのメモアプリでその時思い浮かんでいることをザーッと書き残します。それだけでも思考が整理され、まず何をしたらいいかが見えてきます。

 

ただ漠然と、あんな事やこんな事がしたい、と思い浮かんでいる方は、ひとまず紙に書き出してみることをお勧めします!

 

 

方法②:人に話す

 

家族、友人、心の許せる人、誰でもOKです。オチなんて関係ありません。(笑)

ただ思っていることを、つらつらと話せばいいのです。頭の中だけに秘めていては、何も変わりません。

 

誰かに話す時、人は必然と相手に伝わるように話の構成を考えます。そうすることで、相手がなんのアドバイスをせずとも、話すだけで思考が整理されます。

 

「何から始めたらいいかわからない。あれもこれもやりたいけど、難しいかな...」と頭の中でぼんやり思い浮かんでいる方は、誰かに雑談のような軽い感じでも話してみる事をお勧めします!

 

 

方法③:本を読む

 

本は、自分に無い考えを教えてくれるもの だと思います。

私はもともと全然本を読みませんでした。読み始めたきっかけは、特に大きな悩みがあったわけではありませんが、読書を習慣づけようと思い読み始めました。

 

読んだ書籍のジャンルはビジネス書や思考系のものが多く、物事の捉え方、考え方について述べられており、読書を通して今自分が直面している状況を俯瞰するのにとても有効だと思います。俯瞰できることで「何かを始めたいけど、何から始めればいいか分からない」状況から抜け出し、次の行動が浮かびやすくなると考えます。

 

ここで、最近読んだ本の中から、物事の面白い見方を教えてくれた本をご紹介します。

タイトル:『誰にも相談できません』

 

この本は、一般の方からの相談メッセージに対して筆者が独自の視点で解答していきます。議題は恋愛や家族が多く、「こんな考えがあったのか!」が連発します。(笑)

特に悩みがなくても読んで損はない一冊なので、とてもおすすめです!

 

 

まとめ

 

今回は、物事の始め方が分からない状況を解決する3つの方法をご紹介しました!

この内容は全て、実行してみて有効だった方法を厳選して記載しています。今では仕事とプライベートで実践しており、無駄に悩む時間を短縮できたと思っています。

 

  • 何かを始めたいけど、何からすればいいか分からない
  • やりたい事が多すぎて、何から手をつけていいか分からない

など、"何かをしようとしている" ということはとても素敵なことであり、その思いを無駄にするのはとてももったいないと思います。

 

今回ご紹介した内容が、皆さんの行動に移すきっかけ作りになれたら幸いです!

 

-Lifestyle
-, , , , ,

Copyright© Bear Bear Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.